ギャッベが紹介された本

ギャッベが紹介された本

『Gabbeh』
Mohammad Ahmadi, Mohsen Makhmalbaf
1997年/ 20 US$くらい


ギャッベを初めて見たのは日本のデパートでした。
毛足が長めのラグに、色鮮やかに、子供のようにのびのびとした風景が描かれています。
抽象的なモチーフのキリムと違って、ラクダや人が生き生きと表現されていて
かわいらしいのが、人気なのかも。。。
この本は、ギャッベの生まれた背景を紹介してくれます。
イランの山岳部にはまだ鮮やかな衣装で、遊牧生活を続けている人々がいるんですね。
普通の観光客は、なかなか行かれないようなところだと思います。



実際に本にはギャッベは10枚程度しか載っていません。
ほとんどは遊牧生活を映した写真集のようで、みていると行ってみたいなーと思います。
子供のころ見たNHKのシルクロードみたい。。


この本を手に入れてからずいぶん後になって、GABBEHという映画のシーンを
集めた写真集だということがわかりました。(お恥ずかしい)
1996年のカンヌ国際映画祭に出品された有名な映画だったんですね。

そしてその映画のDVDがこちら。


監督・脚本・編集:モフセン・マフマルバフ/出演:シャガイエグ・ジョタト、アッバス・サヤヒ、ホセイン・モハラミ/1996年/イラン+フランス/73分/カンヌ映画祭正式出品

2005年には、日本語でギャッベを紹介する本(文庫本!)が登場しています。

『ギャッベ・アート―イラン遊牧民カシュガイ族の手織絨毯 (文庫) 』